フォーティネット、日本語トレーニングプログラムを拡充

NSEプログラムに、日本語化されたFortiAnalyzerトレーニングコースを追加

フォーティネットジャパン株式会社 - 2018年1月25日


統合型かつ自動型の広範にわたるサイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、フォーティネットの技術者認定プログラムであるNSE(ネットワーク セキュリティ エキスパート)プログラムにFortiAnalyzerの日本向けコースを追加したことを発表しました。

FortiAnalyzerは、フォーティネットのログ管理/分析/レポートアプライアンスで、国内セキュリティ機器市場で出荷台数シェアNo.1*を誇るエンタープライズファイアウォール FortiGateの分散ネットワークからのログの収集、分析、相関付けを一元化できるので、単一コンソールからすべてのファイアウォールトラフィックを表示し、レポートを生成できます。FortiGuard IOC**(Indicators of Compromise:侵害指標)サービスを利用すると、侵害されたホストの優先度順リストが提供されるため、すぐに対策を実行できます。

フォーティネットのテクノロジービジョンであるセキュリティファブリックでは、FortiGateが持続的な標的型攻撃に対抗するほか、FortiAnalyzerを追加することでセキュリティファブリックの可視性を強化し、実用的で確実なセキュリティアラート情報を自動的に提供することで、エンドツーエンドの統一された保護が可能になります。FortiAnalyzerはさらに、FortiClient、FortiSandbox、FortiWeb、FortiMailのログを相関付けることで、セキュリティファブリックとシームレスに統合させて、ネットワークの細部まで可視化することができます。

FortiAnalyzerトレーニングは、 これまで英語によるトレーニングコースを英語教材を使って提供していました。今回、日本人講師によるトレーニングコースを新設し、使用する教材も日本語化しました。これにより日本の販売パートナー様およびフォーティネットの製品をお使いのエンドユーザー様が、日本語でNSEトレーニングを受けることが可能になりました。

FortiAnalyzerトレーニングに対応したスペシャリスト試験に合格することによって(受験バウチャーは別売)、セキュリティプロフェッショナルとしての専門知識を有していることを示すことができます。

FortiAnalzyerトレーニングの開催予定

上記以外の開催については、販売パートナー様までお問合せください。詳細については、フォーティネットジャパンのウェブサイトをご覧ください。https://www.fortinet.com/jp/support/training/fortinet-network-security-academy.html

*出典 IDC's Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker - 2017 Q3

**サービスの利用にはサブスクリプションの購入が必要です。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)

フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大する攻撃に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティ ファブリックのアーキテクチャだけです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界33万以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネット に信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.com/jpをご覧ください。

Copyright© 2018 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「™」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。