ハイパーコネクト環境のためのセキュリティドリブン ネットワーキング

フォーティネット会社案内

フォーティネットについて

フォーティネット(NASDAQ:FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダー、そして政府機関を守っています。フォーティネットは現在から将来にわたり、拡大する攻撃対象領域全体に対してインテリジェントでシームレスな保護を提供し、ボーダレスネットワークにおける高まるパフォーマンス要件に対応するための能力をお客様に提供します。フォーティネット セキュリティ ファブリックは、ネットワーク環境、アプリケーション環境、クラウド環境、モバイル環境のいずれであっても、最も重要なセキュリティ課題に対応するために妥協のないセキュリティ機能を提供できる唯一のアーキテクチャです。フォーティネットは世界で最も多くのセキュリティアプライアンスを出荷し、世界450,000以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネットに信頼を寄せています。

セキュリティ ファブリック

フォーティネット セキュリティ ファブリックは以下の特長を持つサイバーセキュリティプラットフォームを提供することで、妥協のないデジタルイノベーションの達成を可能にします。

  • Broad(幅広い):デジタル攻撃対象領域全体の広範な可視化によるリスク管理能力の改善
  • Integrated(統合化):複数のポイント製品をサポートする複雑さを軽減する統合ソリューション
  • Automated(自動化):ワークフローの自動化によるオペレーションとレスポンスの迅速化

フォーティネットは、カスタムSPU(Security Processing Unit)テクノロジーの開発と構築を自ら手掛ける唯一のセキュリティリーダーです。このテクノロジーは、業界最高のパフォーマンスとコスト価値を提供し、Security Compute Ratingでは他のソフトウェアアプローチの3~47倍のパフォーマンスであることが実証されています。フォーティネットのFortiGuard Labsは、業界トップクラスに効果的で実績のある人工知能(AI)および機械学習(ML)システムの1つを活用して、毎日100億件を超えるイベントの処理と分析を継続し、リアルタイムの実用的な脅威インテリジェンスをお客様に送信しています。FortiOS、専用のSPUテクノロジー、AIドリブンの脅威インテリジェンスの組み合わせは、サイバーセキュリティのイノベーションと卓越性に向けたフォーティネットの取り組みを示すものです。

フォーティネットを代表するエンタープライズファイアウォールプラットフォームであるFortiGateは、多様なサイズとフォームファクターによってあらゆる環境に対応し、次世代セキュリティ / ネットワーキングの幅広い機能を提供します。フォーティネットの市場における優位性とソリューションの有効性は、多くの市場アナリスト、独立系検査機関、一般企業、および報道機関から高評価を得ています。フォーティネットの製品は世界中のお客様に支持され、Fortune 500カンパニーの半数以上にご利用いただいています。

フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、カリフォルニア州ユニオンシティに20万平方フィートの製造組立ラインとオペレーションセンターを所有しています。また、世界中で事業拠点を展開しています。フォーティネットは2000年に、NetScreenの創業者であり元プレジデント兼CEOのKen Xie(ケン・ジー)によって設立されました。ネットワークとセキュリティ分野で豊富な経験と実績を誇る優秀な経営陣がフォーティネットの経営にあたっています。

エグゼクティブブリーフセンターでは、サイバーセキュリティやネットワーキングのエキスパートが、フォーティネットのテクノロジーがどのように組織の厳しいニーズを保護し、デジタルイノベーションの推進に貢献するかを解説させていただきます。ぜひご参加ください。

会社案内はこちら

 

設立
2000年
本社
カリフォルニア州
サニーベール
NASDAQ銘柄名
FTNT
2009年11月上場
顧客数
465,000社以上
出荷実績
5,900,000台以上
特許数
682件 :取得済
195件 :出願中
従業員数
7,756名
(2020年6月30日現在)
市場における リーダーシップ
No.1
出荷台数
No.2(同率)
収益ベースによる市場シェア(IDC Worldwide Security Appliance Tracker、2020年4月)
財務経営
15.7億ドルの現金・投資資産、無借金経営
21.6億ドル
2019年度の売上高
26億ドル
2019年度の取扱高