業界トレンド

フォーティネットのセキュアSD-WANで即効性のあるROI効果を実現

投稿者 Nirav Shah | 2021年4月6日

クラウド革命は、ビジネスオペレーションとワークフローの歴史上最大の変革をもたらしました。今やクラウドアプリケーションはほとんどの組織の基盤となっており、ビジネスの生産性とコラボレーションを大きく向上させています。SD-WANがここ数十年で最も成功したネットワーク機能の1つとなっているのは、このような不可欠なアプリケーションには効率性と信頼性が求められるからです。高速で信頼性の高いビジネスアプリケーションを、俊敏で安全なネットワーク接続上で実行することが最重要点なのです。

最近、多くがリモートワーカーにシフトしたことから、マルチクラウドやハイブリッドクラウドのコンピューティングやサービスモデルを採用する企業が増え、SD-WANの導入が加速しています。IDG Research ServicesとMasergeのレポートによると、90%以上の企業が最終的にSD-WANソリューションを採用すると予想しています。また、Dell'Oro Group, Inc.は、SD-WANテクノロジーが今後5年間で24%の年平均成長率で成長し、2025年には40億ドルに達すると予想しています。

セキュアなSD-WANでエッジインフラとセキュリティを実現し、ROIを向上させる

業界で関心を集めている新技術ではよくあることですが、SD-WAN市場では、最高のソリューションを提供すると称するベンダーが乱立しています。しかし、すべてのSD-WANソリューションが同じように作られているわけではありません。ベンダーの選定は、混乱を解消し、優先順位に焦点を当てて初めて最善の方法となります。企業は現在のネットワークインフラを評価し、SD-WANソリューションに何が必要なのかを理解する必要があります。私は、以下の点を考慮することをお勧めします。

  1. SD-WANは、約束された40%以上のコスト削減を本当に可能にするのか?ベンダーは、SD-WANで、将来の成長のための追加コストなしに、無制限の帯域使用を提供できるか?
  2. SD-WANはポイントプロダクトなのか、それともIoT、LAN、WAN、クラウドから統合されたプラットフォームの一部なのか?
  3. SD-WANソリューションは、顧客がルーター、SD-WAN、NGFWなどのポイント製品を減らすことができるように有機的に開発されているのか、それともベンダーの買収によるソリューションがつなぎ合わされ、スケーラビリティの問題が生じるのか?
  4. 5GやLTEのフェイルオーバー、トラフィックステアリング、精度の高いディープSSLインスペクションによるアプリケーション識別など、高度な接続問題への対応が含まれているか?自己修復型のネットワーク接続を提供しているか?その信頼性は?
  5. そのソリューションは、ホームオフィスのリモートスーパーユーザー、地理的に分散したブランチオフィス、マルチクラウドやクラウドのオンランプをサポートするか?そのソリューションは、これらのユースケースのすべてをサポートするのか?
  6. SD-WANは運用にかかる諸経費を削減し、自動化による真のゼロタッチプロビジョニングを可能にしているか?粒度の高いアナリティクスとAIの統合を提供し、導入後のトラブルシューティングの時間を短縮できるか?
  7. SD-WANソリューションは、WANだけに焦点を当てるのではなく、SD-Branch (LAN Edge) に拡張してエッジでの完全なデジタルトランスフォーメーションを提供するためのイノベーションが組み込まれているか?
  8. 最も重要なことは、SD-WANのセキュリティをどのように確保するかということ。セキュリティ機能を内蔵した次世代ファイアウォールセキュリティと、SASEを介してクラウドエッジで利用できる全く同じセキュリティを柔軟に提供できるか?

セキュアSD-WANのTCOとROI

もちろん、最も考慮すべきはコストです。SD-WANの総所有コスト(TCO)を推し量ることは困難です。手頃な価格のソリューションに見えても、設定オプションが限られていたり、ユースケースのサポートが不足していたりして、ITスタッフが対処不可能になることがあります。また、独自のセキュリティオーバーレイを構築しようとすると、コストとリソースのニーズがあっという間に制御不能に陥ってしまいます。

完全に統合されたSD-WANソリューションでは、企業は3年で100%のROIを期待することができますが、中には導入後1年でROIを達成できるお客様もいます。いずれにしても、選択したSD-WANソリューションは、インフラコストの削減、静的で高価なMPLS接続からより柔軟で安価なブロードバンドへの移行、SD-WAN、ワイヤレスコントローラ、ルーティング、内蔵のLTE接続を単一のソリューションに統合することなどにより、すぐにROI効果を発揮するはずです。

即効性のあるROI効果を実現するためのその他の検討事項

前述の項目をすべて考慮した上で、SD-WANソリューションを評価する際に考慮すべき点をいくつか挙げます。

パフォーマンス: 今日のビジネスはアプリケーションで成り立っているため、ユーザーは仕事をこなすために信頼できるアクセスとスピードを必要とします。SD-WANソリューションは、セキュリティのためにパフォーマンスを犠牲にすることなく、クラウドベースのアプリケーションへの迅速なアクセスを可能にするものでなければなりません。SD-WANは、スピードに特化して構築されたプラットフォームに導入する必要があります。

迅速な導入: 統合された一元管理のためのオーケストレーションおよび管理コンソールは、接続、構成、高度なルーティング機能、および保護機能を容易に設定・表示でき、完全に統合された単一のシステムとして連動させることができます。

あらゆるエッジへの拡張が容易: SD-WANは、支店をクラウドサービスやコアネットワークに接続するだけではありません。SD-WANは、あらゆる主要なパブリッククラウド環境でネイティブに動作し、大規模なデータセンターをサポートするように拡張でき、在宅勤務のデスクトップにも設置でき、ネットワークの隅々まで展開することができます。これにより、どこからどこへでも、WANからLAN(SD-Branch)、OT、データセンター、そしてクラウド(SASE)など、あらゆるエッジへの高速で安全な接続が可能になります。

フォーティネットのセキュアSD-WANは、セキュリティを重視したネットワーキングアプローチにより、WANエッジにおけるユーザーエクスペリエンスの向上と運用の簡素化を実現します。